MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

ファイル選択ダイアログ

 今回は、よくある次のようなファイル選択のダイアログを作ってみましょう。

 このようなダイアログは「コモンダイアログ」と呼ばれ、最初から標準的に用意されているものを使うだけなので、簡単にアプリケーションに組み込むことができます。

 ファイル選択ダイアログの場合、単一のファイル選択しか受け付けない場合と、複数選択を可能にする場合で少し違うので、今回は両方作ってみます。

 まず、ダイアログベースでプロジェクトを作成し、次のようなダイアログを作ります。

 "参照1..."ボタンが押されると、単一選択ダイアログを表示し、エディットボックスに選択されたファイルパスを表示します。"参照2..."ボタンが押されると、複数選択ダイアログを表示し、リストボックスに選択された複数のファイルパスを表示します。

 エディットボックス、リストボックスにはDDX変数、ボタンにはBN_CLICKEDのメッセージハンドラを追加します。(この辺については「エディットボックスの基本」、「ボタンの基本」等を見てください。)

 では、コードを実装していきましょう。まずは、"参照1..."ボタンのイベントハンドラです。

// "参照1..."ボタン押下
void CFileSelectDlg::OnBnClickedRefer()
{
    CString         filter("JPEG Files (*.jpg;*.jpeg)|*.jpg; *.jpeg||");
    CFileDialog     selDlg(TRUE, NULL, NULL, OFN_HIDEREADONLY, filter);
    
    if (selDlg.DoModal() == IDOK)
    {
        m_xvEditFile = selDlg.GetPathName();
        UpdateData(FALSE);
    }
    
    return;
}

 ファイル選択ダイアログは、CFileDialogクラスを使います。コンストラクタの引数でダイアログのいろいろなカスタマイズができます。デフォルトでよい場合は指定する必要はありません。

explicit CFileDialog::CFileDialog(
BOOL bOpenFileDialog,
LPCTSTR lpszDefExt = NULL,
LPCTSTR lpszFileName = NULL,
DWORD dwFlags = OFN_HIDEREADONLY | OFN_OVERWRITEPROMPT,
LPCTSTR lpszFilter = NULL,
CWnd* pParentWnd = NULL,
DWORD dwSize = 0
);
説明: コンストラクタ
引数: bOpenFileDialog: [ファイルを開く]ダイアログの場合TRUE、[ファイル名を付けて保存]ダイアログの場合FALSE
lpszDefExt: 自動付加される規定の拡張子。NULLの場合付加されない。
lpszFileName: 初期表示されるファイル名。NULLの場合表示されない。
dwFlags: カスタマイズするためのフラグ
lpszFilter: ファイル名のフィルタ

 ここではlpszFilterを設定しています。これを設定すると、指定した拡張子のファイル以外は表示されなくなります。フィルタは、"説明|拡張子||"という形式の文字列を渡します。拡張子が複数ある場合はセミコロンで区切ります。

 ファイルが選択されると、CFileDialog::DoModal()関数がIDOKを返します。CFileDialog::GetPathName()関数で、選択されたファイルパスを取得できます。

 次は"参照2..."ボタンのイベントハンドラです。こちらは複数選択の場合です。

// "参照2..."ボタン押下
void CFileSelectDlg::OnBnClickedReferList()
{
    CString         filter("JPEG Files (*.jpg;*.jpeg)|*.jpg; *.jpeg||");
    CString         filePath, strBuf;
    POSITION        pos = NULL;
    CFileDialog     selDlg(TRUE, NULL, NULL, 
                        OFN_HIDEREADONLY | OFN_ALLOWMULTISELECT, filter);
    int             err = 0, lbErr = 0;
    
    // ファイル名リスト用メモリ確保
    if (!err)
    {
        try
        {
            selDlg.GetOFN().lpstrFile = strBuf.GetBuffer(MAX_PATH *100);
            selDlg.GetOFN().nMaxFile = MAX_PATH *100;
        }
        catch (...) {err = 1;}
    }
    if (!err) if (selDlg.DoModal() != IDOK) err = 1;
    if (!err) if ((pos = selDlg.GetStartPosition()) == NULL) err = 1;
    if (!err)
    {
        while (pos)
        {
            filePath = selDlg.GetNextPathName(pos);
            if (!err)
            {
                lbErr = m_xcListFile.InsertString(-1, filePath);
                if (lbErr == LB_ERR || lbErr == LB_ERRSPACE) err = 1;
            }
            if (err) break;
        }
        UpdateData(FALSE);
    }
    strBuf.ReleaseBuffer();
    
    return;
}

 複数選択にする場合は、dwFlagsにOFN_ALLOWMULTISELECTを追加します。

 ダイアログを表示する前に、複数のファイルパスを格納するのに十分な大きさのバッファを用意し、CFileDialogクラスオブジェクトに渡しておきます。CFileDialog::GetOFN()関数でOPENFILENAME構造体が取得できるので、lpstrFileにバッファ、nMaxFileにそのサイズを設定します。

 もし指定したバッファが足りなかった場合は、DoModal()関数がIDCANCELを返します。

 ファイルパスを取得するには、CFileDialog::GetStartPosition()とCFileDialog::GetNextPathName()関数を使って一つずつ取得していきます。使い方はコードを見ればわかると思いますが、選択されたファイルがない場合、GetStartPosition()関数はNULLを返します。また、最後のファイルパスを取得したときに、GetNextPathName()関数はposをNULLに設定します。

 では、ビルドして実行してみましょう。"参照1..."ボタン、"参照2..."ボタンを押してファイルを選択すると、それぞれ、エディットボックス、リストボックスにファイルパスが表示されます。