MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

DDXの基本1

 MFCの強力な機能の一つに、DDX(Dialog Data Exchange)というものがあります。これは、一言で言えば、ダイアログ上のコントロールの状態をメンバ変数に割り当てることができる機能です。

 この機能は非常に強力です。これを知っているのと知らないのでは、MFCプログラムの作成効率に雲泥の差がでます。まずは百聞は一見にしかずで、実際の例を見てみましょう。

 次のように、"取得"ボタンを押すと、チェックボックスとラジオボタンから状態を取得して、エディットボックスに表示するプログラムを作ってみます。

 

 まず、DDXを使用しない場合です。"取得"ボタンを押下したときのイベントハンドラの実装例は次のようになります。細かい内容は今は気にしなくて良いですが、これだけのコードを書かないといけないということに注目してください。

// "取得"ボタン押下(非DDX版)
void CDDXDlg::OnBnClickedGet()
{
    int            kind = -1;
    CString        str;
    int            err = 0;
    
    kind = GetCheckedRadioButton(IDC_RADIO_IMAGE, IDC_RADIO_IM_TX);
    str = (kind == IDC_RADIO_IMAGE) ? _T("画像") : 
        (kind == IDC_RADIO_TEXT) ? _T("テキスト") : _T("画像とテキスト");
    str = str +_T("が表示") +((IsDlgButtonChecked(IDC_CHK_DISP)) ? 
        _T("されます。") : _T("されません。"));
    SetDlgItemText(IDC_EDIT, str);
    
    return;
}

 では、全く同じことをDDXを使って実装してみます。すると、次のようなコードになります。

// "取得"ボタン押下(DDX版)
void CDDXDlg::OnBnClickedGet()
{
    UpdateData();

    m_xvEdit = (m_xvRadioKind == 0) ? _T("画像") : 
        (m_xvRadioKind == 1) ? _T("テキスト") : _T("画像とテキスト");
    m_xvEdit = m_xvEdit +_T("が表示") +(m_xvChkDisp ? _T("されます。") : _T("されません。"));

    UpdateData(FALSE);
    
    return;
}

 どうでしょうか。DDXを使うと、DDX変数を読み書きすることによってコントロールを操作することができます。このほうがプログラムが単純になりますよね。

 これは、はっきり言ってDDXを使わないと損です。MFCの機能は、プログラマが楽をするために用意されていると言ってもいいでしょう。DDXはその中でも特に使いでがあります。

 では、DDXについてもう少し詳しく見ていくことにしましょう。まず、上のプログラムを見てもわかる通り、コントロールの状態がダイアログクラスのメンバ変数に割り当てられています。この変数を介してダイアログ上のコントロールの状態を取得したり、設定したりできるわけです。今回作ったダイアログクラスは次のような定義になっています。

// CDDXDlg ダイアログ
class CDDXDlg : public CDialog
{
// コンストラクション
public:
    CDDXDlg(CWnd* pParent = NULL);    // 標準コンストラクタ

// ダイアログ データ
    enum { IDD = IDD_DDX_DIALOG };

protected:
    virtual void DoDataExchange(CDataExchange* pDX);    // DDX/DDV サポート

// 実装
protected:
    HICON m_hIcon;

    // 生成された、メッセージ割り当て関数
    virtual BOOL OnInitDialog();
    afx_msg void OnPaint();
    afx_msg HCURSOR OnQueryDragIcon();
    DECLARE_MESSAGE_MAP()

public:
    afx_msg void OnBnClickedGet();

private:
    // DDX変数
    CString     m_xvEdit;
    BOOL        m_xvChkDisp;
    int         m_xvRadioKind;
};

 そしてもう一つのキーワードが、CWnd::UpdateData()という関数です。この関数を呼ぶことによって、ダイアログからデータ(メンバ変数)へ、また逆に、データからダイアログへと状態を反映させることができます。これがダイアログ・データ・エクスチェンジと呼ばれるゆえんです。

 さて、以上がおおざっぱなDDXの概要です。DDXについてはここで説明していないことはまだありますが、それは次回に書きたいと思います。

 また、各コントロールごとの実際のDDXの使用方法は、各コントロールの基本ページに書いてありますので、そちらを見てください。