MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

ファイル入出力の基本

 このセクションでは、MFCでのファイル入出力について説明していきます。MFCでのファイル操作の基本は、CFileクラスです。CFileクラスは、低水準入出力関数のopen()、close()、seek()、read()、write()などをラッピングしたクラスだと思っていいでしょう。しかし、Windowsの独特のクセもあるので、その辺は注意が必要です。

 Windowsのファイル入出力には「テキストモード」「バイナリモード」があります。一方、UNIXではこのようなものはありません。テキストデータであっても、バイナリデータであっても、同じように入出力します。単純にメモリ上のデータをファイルに読み書きするだけです。この意味では、「バイナリモード」しかないとも言えます。

 では、Windowsではなぜ2つのモードがあるのでしょうか。それは、改行コードの違いによるものです。Windowsでは、改行コードは「CR-LF(\r\n、0x0D,0x0A)」が使われます。UNIXでは「LF(\n、0x0A)」が使われます。これは文字コードには依りません。

 Windowsのテキストモードでは、ファイルに出力するときに、「\n」が「\r\n」に自動的に変換されます。また、ファイルから入力するときは、「\r\n」が「\n」に自動的に変換されます。ですので、テキストモードのファイル入出力を使うときは、プログラム上では改行コードは「\n」で扱わなければいけません。

 CFileクラスは通常はバイナリ入出力を扱います。テキストモードの入出力は、CFileの派生クラスの、CStdioFileクラスを使います。

 次はCFileのコンストラクタですが、3種類用意されています。

// (1)何もしない、規定のコンストラクタ
CFile::CFile();

// (2)オープン済みのファイルハンドルを使って初期化
CFile::CFile(HANDLE hFile);

// (3)指定ファイルを、指定モードでオープンする
CFile::CFile(LPCTSTR lpszFileName, UINT nOpenFlags);

 2番目のコンストラクタは、Open()関数を呼ぶ必要はありません。また、オブジェクトが破棄されてもファイルクローズはされません。

 3番目のコンストラクタは、オブジェクト作成時にファイルオープン済みになるので、Open()関数を呼ぶ必要はありません。ですが、オープン時にエラーが発生した場合はどうするのでしょうか。これは、例外処理で判断します。このコンストラクタでエラーが発生すると、CFileException型の例外がスローされます。

 ただ、管理人の趣味としては、コンストラクタにエラーが発生するような処理を書くのは好きではないので、規定のコンストラクタを使って、Open()関数でファイルオープンするのが自然だと思います。

 次はファイルオープン時のモード指定についてです。ここはちょっと複雑なので、きちんと整理しておきましょう。

 まず、Open()関数の定義を見てみましょう。nOpenFlagsに、ファイルオープン時のいろいろなフラグをORで指定します。

virtual BOOL CFile::Open(LPCTSTR lpszFileName, UINT nOpenFlags, CFileException* pError = NULL);
説明: ファイルオープン
引数: lpszFileName:オープンするファイルのパス
nOpenFlags:オープンモード指定フラグ
戻り値: ファイルを正常にオープンしたときは0以外、エラーの場合は0

 フラグには、「アクセス許可モード」「共有モード」があり、それぞれ1つは指定しないといけません。

 アクセス許可モードは次の中から指定します。

アクセス許可モード 読み取り 書き込み
CFile::modeRead ×
CFile::modeWrite ×
CFile::modeReadWrite

 共有モードは次の種類があります。

共有モード 他プロセスからの読み取りオープン 他プロセスからの書き込みオープン
CFile::shareDenyNone
CFile::shareDenyRead ×
CFile::shareDenyWrite ×
CFile::shareExclusive × ×

 読み取りだけの目的のファイルであれば、CFile::modeRead | CFile::shareDenyNone、読み書きをするファイルであれば、CFile::modeReadWrite | CFile::shareDenyWriteまたは、CFile::modeReadWrite | CFile::shareExclusiveにするのがよいと思います。

 このほかに、ファイル作成に関する問題があります。オープンしようとしたときに、ファイルがなかった場合どうするか、逆にファイルがあった場合に、既存の内容を破棄するのかどうかといった問題です。

 このような動作を指定するために、さらにオプションのフラグが用意されています。これを指定すると、次のように動作が変わります。

オプションフラグ ファイルが存在しない場合 ファイルが存在する場合
指定なし エラー そのまま
modeCreate 新規作成 既存内容破棄
modeCreate | modeNoTruncate 新規作成 そのまま

 modeCreate | modeNoTruncateを指定すると、「ファイルがあればそのままオープン、無ければ新規作成」という動作になります。

 「読み書き用にオープンして、オープン中は他のプロセスからは読み取りも書き込みもさせない。そして、ファイルがすでに存在すればそのままオープンし、無ければ新規作成したい。」というときは、「CFile::modeReadWrite | CFile::shareExclusive | CFile::modeCreate | CFile::modeNoTruncate」と指定すればよいことになります。

 それでは、実際の使い方を見てみましょう。基本はOpen()、Close()、Seek()、Read()、Write()です。

CFile    file;
struct
{
    TCHAR    name[32];
    int      age;
    int      height;
    int      weight;
} t_person = {_T("G.Ishihara"), 60, 200, 50};
int      age = 0;
int      err = 0;

// (1)読み書き用にオープン
if (!err)
{
    if (!file.Open(_T("C:\\fileTest.dat"), 
        CFile::modeReadWrite | CFile::shareExclusive | 
        CFile::modeCreate | CFile::modeNoTruncate)) err = 1;
}
// (2)書き込み
if (!err)
{
    TRY {file.Write(&t_person, sizeof t_person);}
    CATCH (CFileException, eP) {err = 1;}
    END_CATCH
}
// (3)シーク
if (!err)
{
    TRY {file.Seek(sizeof t_person.name, CFile::begin);}
    CATCH (CFileException, eP) {err = 1;}
    END_CATCH
}
// (4)読み込み
if (!err)
{
    if (file.Read(&age, sizeof age) != sizeof age) err = 1;
}
// (5)クローズ(明示的)
file.Close();

(2)書き込み

 書き込みはWrite()関数を使います。この関数はなぜか戻り値がなく、エラー発生時はCFileExceptionの例外をスローします。

virtual void CFile::Write(const void* lpBuf, UINT nCount);
説明: ファイルに書き込み
引数: lpBuf:書き込むデータ
nCount:書き込むバイト数
戻り値: なし(エラーの場合、例外スロー)

(3)シーク

 シークはSeek()関数を使います。この関数も、エラー発生時はCFileExceptionの例外をスローします。

virtual ULONGLONG CFile::Seek(LONGLONG lOff, UINT nFrom);
説明: ファイルシーク
引数: lOff:シークするバイト数
nFrom:シークする基点。CFile::begin、CFile::current、CFile::endのどれか
戻り値: 正常の場合、ファイル先頭からの新しいオフセット値。(エラーの場合、例外スロー)

(4)読み込み

 読み込みはRead()関数を使います。

virtual UINT CFile::Read(void* lpBuf, UINT nCount);
説明: ファイルから読み込み
引数: lpBuf:読み込みデータ用バッファ
nCount:読み込むバイト数
戻り値: 読み込んだバイト数

(5)クローズ(明示的)

 クローズはClose()関数を使います。この関数はデストラクタでも呼び出されるので、CFileオブジェクトをローカル変数にとった場合は、必ずしも明示的に呼び出す必要はありません。