MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

ファイルの検索、列挙2

 では、さっそくリストアイテムの追加関数です。

// リストアイテム追加
int CFileFindDlg::ListInsertItem(CString path, CString name, BOOL isDirectory)
{
    SHFILEINFO    fInfo;
    LVITEM        lvi;
    int           index = 0;
    int           err = 0;
    
    // アイコン取得
    if (!err)
    {
        if (!::SHGetFileInfo(path, 0, &fInfo, 
            sizeof fInfo, SHGFI_ICON | SHGFI_SMALLICON)) err = 1;
    }
    
    // アイコンをイメージリストに追加
    if (!err) if (m_imageList.Add(fInfo.hIcon) == -1) err = 1;
    
    // リストアイテム追加
    if (!err)
    {
        lvi.mask        = LVIF_TEXT | LVIF_IMAGE | LVIF_PARAM;
        lvi.iItem       = 0;
        lvi.iSubItem    = 0;
        lvi.iImage      = m_imageList.GetImageCount() -1;
        lvi.lParam      = isDirectory ? 1 : 0;
        lvi.pszText     = const_cast<LPTSTR>(static_cast<LPCTSTR>(name));
        if ((index = m_xcList.InsertItem(&lvi)) == -1) err = 1;
    }
    return err;
}

 リストコントロールへのアイテムの追加や、アイテムにアイコンを設定する方法はすでに解説しているので特に解説は必要ないですね。少し特殊な所として、ここではリストアイテムのユーザデータを、アイテムがディレクトリなのかどうかのフラグに使用しています。これは、アイテムがディレクトリなのかどうかの情報が後で必要になってくるためです。

 さて、ファイル名やディレクトリ名の横にアイコンを表示しますが、これはファイルの1つ1つがアイコンリソースをもっているわけではなくて、拡張子で関連付けられているアイコンが表示されます。では、ファイルに関連付けられているアイコンはどうやって取得すればいいのでしょうか。これはAPIのSHGetFileInfo()関数を使って取得することができます。

DWORD_PTR SHGetFileInfo(LPCTSTR pszPath, DWORD dwFileAttributes,
SHFILEINFO *psfi, UINT cbFileInfo, UINT uFlags);
説明: ファイル情報の取得
引数: pszPath:ファイル情報を取得するファイルのファイルパス
dwFileAttributes:uFlagsがSHGFI_USEFILEATTRIBUTESを含まない場合は未使用
psfi:SHFILEINFO構造体へのポインタ
cbFileInfo:psfiが示すSHFILEINFO構造体のサイズ
uFlags:取得する情報の種類を指定。アイコンの場合SHGFI_ICON。大きいアイコンの場合SHGFI_LARGEICON、小さいアイコンの場合SHGFI_SMALLICONを組み合わせる。
戻り値: 正常終了した場合は0以外。それ以外の場合は0

 今回は16x16の大きさの小さいアイコンを取得するので、uFlagsをSHGFI_ICON | SHGFI_SMALLICONに指定します。アイコンが取得できると、SHFILEINFO構造体のhIconメンバにアイコンハンドルが入ってきます。このハンドルをイメージリストに追加します。

 次はリストアイテムの全削除関数です。まずイメージリストの中身を全て削除してからリストアイテムを削除しています。

// リストアイテム削除
void CFileFindDlg::ListDeleteItem()
{
    // イメージリスト削除
    while (m_imageList.GetImageCount()) m_imageList.Remove(0);
    
    // リストアイテム全削除
    m_xcList.DeleteAllItems();
}

 次はリストアイテムをダブルクリックしたときのイベントハンドラです。

// リストダブルクリック
void CFileFindDlg::OnNMDblclkList(NMHDR *pNMHDR, LRESULT *pResult)
{
    int            index = -1;
    CString        str;
    
    // 選択されているアイテムを取得
    if ((index = m_xcList.GetNextItem
        (index, LVNI_ALL | LVNI_SELECTED)) != -1)
    {
        // ディレクトリかどうか
        if (m_xcList.GetItemData(index))
        {
            // 選択されているディレクトリへ移動
            m_xvEditPath += m_xcList.GetItemText(index, 0);
            m_xvEditPath += _T("\\");
            Refresh();
            UpdateData(FALSE);
        }
    }
    *pResult = 0;
}

 ここでは、ダブルクリックされたアイテムがディレクトリである場合は、そのディレクトリへ移動します。ディレクトリであるかどうかの判断は、リストアイテム追加時に入れておいたユーザデータを使っています。

 最後に"上へ"ボタンが押されたときのイベントハンドラです。

// "上へ"ボタン押下
void CFileFindDlg::OnBnClickedBtnParent()
{
    int        pos;
    
    // 親ディレクトリのパスを作成
    m_xvEditPath.TrimRight('\\');
    pos = m_xvEditPath.ReverseFind('\\');
    if (pos != -1) m_xvEditPath = m_xvEditPath.Left(pos);
    m_xvEditPath += _T("\\");
    
    // 表示更新
    Refresh();
    UpdateData(FALSE);    
}

 ここでは、親ディレクトリへ移動します。親ディレクトリのパスを作成するのに若干文字列操作関数を駆使しています。一例を挙げると、現在のパスが"C:\Documents\ishihara\"であった場合、
CString::TrimRight('\\') → "C:\Documents\ishihara"
CString::ReverseFind('\\') → pos:12
CString::Left(12) → "C:\Documents"
m_xvEditPath += _T("\\") → "C:\Documents\"
となります。

 では、ビルドして実行してみましょう。ディレクトリをダブルクリックするとそのディレクトリに移動しファイル一覧が表示されます。"上へ"ボタンを押すと親ディレクトリへ移動します。エクスプローラ風のアプリができました。後は表示する項目を増やしたり、右クリックメニューで機能追加したりするといろいろと応用ができると思います。