MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

MFCの開発環境をそろえよう

 MFCを使ったWindowsアプリケーションの開発を始めるには、まず開発環境を手に入れないと始まりません。これを書いている時点(2006/10/27)で最新のVisual Studioのバージョンは、Visual Studio 2005です。

 Visual Studioというのは、C/C++だけでなく、Visual Basic、Visual C#、Visual C++、Visual J#が統合された開発環境です。.net以降はVisual C++だけ単体というものは出ていないので、MFCを使ったWindowsプログラムを作るためには、Visual Studioが必須です。

 Visual Studio .net 2002や2003などの以前のバージョンでも開発はできますが、最新のバージョンで開発したほうが何かと安心です。何より、このMFC編のサンプルコードや画像は、Visual Studio 2005を使って作成しています。

 しかし、Visual Studio 2005のエディションはたくさんあるので、どれを選べばいいのかわかりませんよね。ここではVisual Studioの各エディションの違いと、管理人のお勧めを紹介していきたいと思います。

 まず、Visual Studio 2005は、大きく分けると4つのエディションがあります。

・Visual Studio 2005 Team system
・Visual Studio 2005 Professional Edition
・Visual Studio 2005 Standard Edition
・Visual Studio 2005 Express Edition

 Visual Studio 2005 Express Editionというのは、一番軽量版で、なんと無料でダウンロードできます。これは開発言語ごとに分かれています。C/C++であれば、Visual C++ 2005 Express Editionです。

 Express Editionは、機能は削られていますが、他の版と変わらないIDEとコンパイラ、デバッガを備えています。別途、Platform SDKをインストールすれば、Windowsプログラムも作ることができます。

 しかし、これの一番の欠点は「MFC/ATLが付いていない」ということですね。つまりMFCを使った開発はできません。あとは、リソースエディタが付いていません。GUIの開発をしようと思ったら、これは痛いですね。手書きでリソーススクリプトを書けば、できないこともないでしょうが。

 Visual Studio 2005 Team systemは、最上級のエディションです。と言っても、これは個人で開発するためのものではなく、複数人のチームで1つのシステムを作る場合に使われるものです。

 管理人も使ったことはありませんが、一つ言えるのは、非常に高いです^^;とても個人で買えるものではありません。

 個人ユーズで(企業ユーズでも)通常のアプリ開発の用途に使うなら、Professional EditionStandard Editionになるでしょう。

 Professional EditionとStandard Editionの違いですが、実はほとんど違いはありません^^; Professional EditionのほうはSQL Server(Microsoftのデータベース製品です)の開発ができます。SQL Server Developer Edition自体も付いてきます。主な違いはそれだけですね。コンパイラも全く一緒です。

 ですので、SQL Serverの開発をしないのであれば、Standard Editionで十分でしょう。

 Professional Editionでは、いくつかパッケージ内容の違うものがあります。Professional Editionの各パッケージと、Standard Editionを比較してみましょう。

 ここで気になるのが「MSDN」というものですね。これが付くと急に値段が高くなりますが、実はこれは、考えようによってはお釣りがくるぐらいに価値があるものです。

 MSDNに加入していると、1年間はVisual Studioを含む最新の開発ツールが無料で手に入ります。もし、購入後1年以内にVisual Studio 2007なんてものが出たら、無料で手に入れることができます。

 また、開発したソフトの互換性チェックに必要な、Microsoftの各種のOSも無料で手に入ります。今だったらWindows Vistaも、製品が出れば、MSDN会員には無料で送られてくるでしょう。また、最新の開発ドキュメントや、ベータ版や海外版のOSなんかも毎月(どっさりと)送られてきます。

 MSDNが付けられるのは、Professinal Edition以上です。Standard EditionではMSDNは付けられません。


 ところで、Standard Editionにはアカデミックパックがあります。これは学生や教職員向けに割引で販売しているもので、中身は通常版と全く同じです。

 Standard Editionのアカデミック版は、なんと4,850円です。学生、教職員であれば迷わずこれを選ぶべきでしょう。(こんな低価格でVisual Studioが手に入るなんて、うらやましい…。)

 購入する時には、学生証などの証明書の提示が必要になります。


 もう一つ、アップグレードというものがありますが、これは、Visual Studioの過去の製品を持っていれば、通常版よりも安くアップグレードできるというものです。Visual C++では、5.0以上からがアップグレードの対象になっています。

 アップグレードだと、通常版に比べ半額ぐらいになります。アップグレードの対象製品を安く手に入れて、アップグレードするという手もあります。

 アップグレード版が用意されているのは、Professional EditionとStandard Editionの通常パッケージのみです。MSDN同梱版のアップグレード版はありません。

 選択する基準は、学生や教職員であれば、迷わず Standard Editionのアカデミック版ですね。そうでなければ、MSDNが有効に使えそうなら Professional EditionのMSDN同梱版、MSDNが不要なら Standard Editionですね。過去の製品を持っていれば Standard Editionのアップグレード版がいいでしょう。

 Microsoftのサイトに詳しい機能比較がありますので、リンクしておきます。購入時の参考にしてください。

・Visual Studio 2005 機能比較

・Standard Edition/Express Edition の機能比較
・Professional Edition の機能比較