MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

リストボックスの基本

 今回はリストボックスの基本的な使い方を見てみましょう。リストボックスはプルダウンになっていないコンボボックスと考えることができます。ですので実装方法はコンボボックスとほぼ同じです。
 まず、リソースエディタでリストボックスを作成します。今回はリストボックスとボタン1つを追加しました。

 では、リストボックスのプロパティを設定します。ここではリソースIDを設定します。他はデフォルトのままでOKです。

 リストボックスに必要な操作は、リストに文字列を追加/削除することと、現在選択されている文字列を取得/設定することですね。まず、現在選択されている文字列の取得/設定はDDXのvalue変数で簡単に実装できます。リストに文字列を追加/削除するには、CListBoxクラスの関数を使うので、DDXのcontrol変数を追加します。

 では、DDX変数を追加しましょう。リストボックスを右クリックし、「変数の追加」を選択します。


  アクセスはprivate、「コントロール変数」をチェックし、カテゴリにvalueを選択します。変数のデータ型はインデックス値なのでint型にします。変数名はメンバ変数となるのでm_で始まる名前にしましょう。さらにDDXのvalue変数であることがわかるようにm_xvで始まる名前にすると分かりやすくなります。この辺は好みで決めましょう。

 次にもう一度「変数の追加」を選び、今度はカテゴリにControlを選択します。これでCListBox型の変数を追加できます。Control型の変数なのでm_xcで始まる名前にするとよいでしょう。

 リストボックスに変数を追加したら、さらにボタンにBN_CLICKEDのメッセージハンドラを追加します。(ボタンのイベントハンドラの追加方法は、「ボタンの基本」を見てください。)

 まず、リストボックスに文字列を挿入しましょう。OnInitDialog()で次のように処理します。CListBox::InsertString()は指定したインデックス位置に文字列を挿入します。インデックスに-1を指定したときはリストの最後に追加されます。

 現在の選択値をセットするには、DDX変数にインデックス値をセットし、UpdateData(FALSE)を呼び出します。

BOOL CListDlg::OnInitDialog()
{
    CDialog::OnInitDialog();
    
    SetIcon(m_hIcon, TRUE);         // 大きいアイコンの設定
    SetIcon(m_hIcon, FALSE);        // 小さいアイコンの設定

    // TODO: 初期化をここに追加します。
    {
        int        err = 0, lbErr = 0;

        if (!err)
        {
            lbErr = m_xcList.InsertString(-1, _T("文字列1"));
            if (lbErr == LB_ERR || lbErr == LB_ERRSPACE) err = 1;
        }
        if (!err)
        {
            lbErr = m_xcList.InsertString(-1, _T("文字列2"));
            if (lbErr == LB_ERR || lbErr == LB_ERRSPACE) err = 1;
        }
        if (!err)
        {
            lbErr = m_xcList.InsertString(-1, _T("文字列3"));
            if (lbErr == LB_ERR || lbErr == LB_ERRSPACE) err = 1;
        }
        if (!err)
        {
            m_xvList = 1;
            UpdateData(FALSE);
        }
    }
    return TRUE;
}

 ボタンのイベントハンドラの内容は次のようにしました。UpdateData()でDDX変数の値を更新し、メッセージボックスに読み取った文字列を表示します。m_xvListには現在選択されている文字列のインデックスが入っています。CListBox::GetText()は、指定したインデックスの文字列を取得します。

// "読み取り"ボタン押下
void CListDlg::OnBnClickedGet()
{
    CString        str;

    UpdateData();
    m_xcList.GetText(m_xvList, str);
    MessageBox(str);
}

 コンパイルして実行してみましょう。"読み取り"ボタンを押すと、リストボックスで現在選択されている文字列がメッセージボックスに表示されます。