MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

リストコントロールの基本2

 通常は、ダイアログの初期化時に、リストコントロールを初期化します。OnInitDialog()に次のように初期化処理を追加しました。Listinit()、ListInsertItem()は追加した関数です。OnInitDialog()内に書くと長くなるので、別関数にしました。

BOOL CListCtrlDlg::OnInitDialog()
{
    CDialog::OnInitDialog();

    SetIcon(m_hIcon, TRUE);         // 大きいアイコンの設定
    SetIcon(m_hIcon, FALSE);        // 小さいアイコンの設定

    // TODO: 初期化をここに追加します。
    {
        int        err = 0;

        if (!err) err = ListInit();        // リストコントロール初期化
        if (!err) err = ListInsertItem();  // リストアイテム挿入
    }

    return TRUE;
}

 ではリストコントロールの初期化関数を見てみましょう。ここでは、リストコントロールのカラム(列)を作ります。カラム数の分だけCListCtrl::InsertColumn()を呼び出します。

// リストコントロール初期化
int CListCtrlDlg::ListInit(void)
{
    LVCOLUMN    lvc;
    int         i;
    TCHAR       caption[][32] = {_T("商品"), _T("単価"), _T("個数")};
    const int   clmNum = sizeof caption /sizeof caption[0];
    int         err = 0;
    
    lvc.mask = LVCF_WIDTH | LVCF_TEXT | LVCF_SUBITEM;    // 有効フラグ
    for (i = 0; i < clmNum; i++)
    {
        lvc.iSubItem    = i;            // サブアイテム番号
        lvc.pszText     = caption[i];   // 見出しテキスト
        lvc.cx          = 100;          // 横幅
        if (m_xcList.InsertColumn(i, &lvc) == -1) {err = 1; break;}
    }
    
    return err;
}

 InsertColumn()は次のように定義されています。LVCOLUMNはカラム情報が入った構造体です。ここに見出しテキストなどをセットして、関数に渡します。lvc.maskには構造体のどのメンバが有効なのかを指定します。ここでは、横幅、見出し、サブアイテムを指定しました。

int InsertColumn(int nCol, const LVCOLUMN* pColumn);
説明: リストビューコントロールに新しい列を挿入
引数: nCol:新しい列のインデックス
pColumn:新しい列の属性を持つLVCOLUMN構造体のアドレス
戻り値: 正常終了した場合は新しい列のインデックス。それ以外の場合は-1

 次はリストアイテム(行)の追加関数を見てみましょう。ここでは3行のアイテムを追加しました。ここで、行の中の左から2番目からの項目はサブアイテムと呼ばれます。アイテムを追加するときはCListCtrl::InsertItem()、サブアイテムを設定するときはCListCtrl::SetItem()を使います。

// リストアイテム挿入
int CListCtrlDlg::ListInsertItem(void)
{
    struct
    {
        TCHAR    name[32];
        int      price;
        int      num;
    } item[] = 
    {
        {_T("鉛筆"), 50, 10}, 
        {_T("消しゴム"), 100, 5}, 
        {_T("ボールペン"), 120, 25}
    };
    const int    itemNum = sizeof item /sizeof item[0];
    LVITEM       lvi;
    CString      str;
    int          i, index = 0;
    int          err = 0;
    
    for (i = 0; i < itemNum; i++)
    {
        lvi.mask = LVIF_TEXT;
        // 商品
        if (!err)
        {
            lvi.iItem = i;
            lvi.iSubItem = 0;
            lvi.pszText = item[i].name;
            if ((index = m_xcList.InsertItem(&lvi)) == -1) err = 1;
        }
        // 単価
        if (!err)
        {
            str.Format(_T("%d"), item[i].price);
            lvi.iItem = index;
            lvi.iSubItem = 1;
            lvi.pszText = const_cast<LPTSTR>(static_cast<LPCTSTR>(str));
            if (!m_xcList.SetItem(&lvi)) err = 1;
        }
        // 個数
        if (!err)
        {
            str.Format(_T("%d"), item[i].num);
            lvi.iItem = index;
            lvi.iSubItem = 2;
            lvi.pszText = const_cast<LPTSTR>(static_cast<LPCTSTR>(str));
            if (!m_xcList.SetItem(&lvi)) err = 1;
        }
        if (err) break;
    }
    
    return err;
}

 InsertItem()は次のように定義されています。LVITEMはアイテム情報が入った構造体です。ここにテキストなどをセットして、関数に渡します。lvi.maskには構造体のどのメンバが有効なのかを指定します。ここではテキストだけを指定しました。

int InsertItem(const LVITEM* pItem);
説明: リストビューコントロールにアイテムを挿入
引数: pItem:アイテムの属性を指定するLVITEM構造体へのポインタ
戻り値: 正常終了した場合は新しいアイテムのインデックス。それ以外の場合は-1

 SetItem()は次のように定義されています。lvi.iItemにアイテム番号(行のインデックス)、lvi.iSubItemにサブアイテム番号(列のインデックス)を指定します。

int SetItem(const LVITEM* pItem);
説明: リストビューコントロールにアイテムを挿入
引数: pItem:新しいアイテムの属性を持つLVITEM構造体のアドレス
戻り値: 正常終了した場合は0以外。それ以外の場合は0

 次は"取得"ボタンが押されたときに、リストで選択されていたアイテムの情報を取得する方法を見てみましょう。選択されているアイテムのインデックスを取得するには、CListCtrl::GetNextItem()を使います。リストは複数行の選択が可能なので、選択されている行数分だけ繰り返しています。

 リストアイテムのテキストを取得するには、CListCtrl::GetItemText()を使います。

// "取得"ボタン押下
void CListCtrlDlg::OnBnClickedGet()
{
    int        index = -1;
    CString    str;
    
    while ((index = m_xcList.GetNextItem
        (index, LVNI_ALL | LVNI_SELECTED)) != -1)
    {
        str = _T("商品:") +m_xcList.GetItemText(index, 0);
        str += _T(" 単価:") +m_xcList.GetItemText(index, 1);
        str += _T(" 個数:") +m_xcList.GetItemText(index, 2);
        MessageBox(str);
    }
    return;
}

 GetNextItem()は次のように定義されています。LVNI_ALLは、インデックス順に検索することを意味します。LVNI_SELECTEDは、選択状態にあるアイテムを検索することを意味します。

int GetNextItem(int nItem, int nFlags) const;
説明: 指定した状態のリストビューアイテムを検索する
引数: nItem :検索を開始するアイテムのインデックス。最初のアイテムを検索するときは-1
nFlags:アイテム間の位置関係と、アイテムの状態
戻り値: 正常終了した場合は次のアイテムのインデックス。それ以外の場合は-1

 GetItemText()は次のように定義されています。

CString GetItemText(int nItem, int nSubItem) const;
説明: リストビューアイテムまたはサブアイテムのテキストを取得する
引数: nItem :テキストを取得するアイテムのインデックス
nSubItem:テキストを取得するサブアイテム
戻り値: アイテムのテキスト

 では、コンパイルして実行してみましょう。リストからアイテムを選択し、"取得"ボタンを押すとメッセージボックスが表示されますね。