MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

アイテムに状態イメージをつける

 今回はリストコントロールのアイテムに次のように状態イメージをつけてみます。状態イメージというのは、アイコンの隣に表示される、アイテムの状態をあらわすイメージです。使い道は自由ですが、独自のチェックボックスなどを作って使うこともできます。

 ではまず、リソースエディタで状態イメージ用のビットマップを追加します。レポートビュー用に使うので、16x16の大きさのビットマップを横に並べて一枚のビットマップにします。今回は4つ用意して64x16の大きさのビットマップを作りました。また、背景は透過色で塗りつぶしておきます。透過色は何色にしてもいいですが、ここでは青色にしています。

 状態イメージはCImageListクラスで管理します。これは複数のアイコンやビットマップを配列のように管理できるクラスです。状態イメージ用にダイアログクラスにCImageListクラスのメンバを追加しておきます。

 では、コードの方を実装していきましょう。OnInitDialog()でリストコントロールを初期化します。長くなるので別関数にしています。

BOOL CListCtrl3Dlg::OnInitDialog()
{
    CDialog::OnInitDialog();
    
    SetIcon(m_hIcon, TRUE);         // 大きいアイコンの設定
    SetIcon(m_hIcon, FALSE);        // 小さいアイコンの設定
    
    // TODO: 初期化をここに追加します。
    {
        int        err = 0;

        if (!err) err = ListInit();
        if (!err) err = ListAddItem();
    }
    
    return TRUE;
}

 ではリストコントロールの初期化関数を見てみましょう。ここでイメージリストを初期化し、リストコントロールにセットします。

// リストコントロール初期化
int CListCtrl3Dlg::ListInit(void)
{
    LVCOLUMN    lvc;
    int         i;
    TCHAR       caption[][32] = {_T("商品名"), _T("単価")};
    const int   clmNum = sizeof caption /sizeof caption[0];
    HICON       hIcon = NULL;
    int         err = 0;
    
    // アイコン用イメージリストの初期化
    if (!err) if (!m_imageList.Create(16, 16, ILC_COLOR, 2, 1)) err = 1;
    if (!err)
    {
        if ((hIcon = AfxGetApp()->LoadIcon(IDI_ICON_LIST1)) != NULL)
            m_imageList.Add(hIcon);
        if ((hIcon = AfxGetApp()->LoadIcon(IDI_ICON_LIST2)) != NULL)
            m_imageList.Add(hIcon);
    }
    // 状態イメージ用イメージリストの初期化
    if (!err) if (!m_imageListState.Create
                (IDB_LIST_STATE, 16, 1, RGB(0, 0, 255))) err = 1;

    // イメージリストをリストコントロールにセット
    if (!err) m_xcList.SetImageList(&m_imageList, LVSIL_SMALL);
    if (!err) m_xcList.SetImageList(&m_imageListState, LVSIL_STATE);
    
    if (!err)
    {
        lvc.mask = LVCF_WIDTH | LVCF_TEXT | LVCF_SUBITEM;
        for (i = 0; i < clmNum; i++)
        {
            lvc.iSubItem    = i;
            lvc.pszText     = caption[i];
            lvc.cx          = 150;
            if (m_xcList.InsertColumn(i, &lvc) == -1) {err = 1; break;}
        }
    }
    
    return err;
}

 CImageList::Create()関数で状態イメージ用のイメージリストを初期化します。引数はビットマップリソースID、イメージの横幅、拡張単位、透過色です。次にCListCtrl::SetImageList()関数でイメージリストをリストコントロールにセットします。

CImageList* CListCtrl::SetImageList(CImageList* pImageList, int nImageListType);
説明: イメージリストをリストコントロールにセット
引数: pImageList:CImageListクラスオブジェクトへのポインタ
nImageListType:イメージのタイプ。次のうちのいずれかを指定する。

LVSIL_NORMAL 大きなアイコンを持つイメージリスト
LVSIL_SMALL 小さなアイコンを持つイメージリスト
LVSIL_STATE 状態イメージを持つイメージリスト

戻り値: 直前のイメージリストへのポインタ

 次はリストアイテムの追加関数です。

// リストコントロールアイテム追加
int CListCtrl3Dlg::ListAddItem(void)
{
    struct
    {
        TCHAR    name[32];
        int        price;
    } item[] = 
    {
        {_T("鉛筆"), 50}, 
        {_T("消しゴム"), 100}, 
        {_T("ボールペン"), 120},
        {_T("万年筆"), 1000},
        {_T("定規"), 150},
    };
    const int    itemNum = sizeof item /sizeof item[0];
    LVITEM       lvi;
    CString      str;
    int          i, index = 0;
    int          err = 0;
    
    for (i = 0; i < itemNum; i++)
    {
        // 商品名
        if (!err)
        {
            lvi.mask = LVIF_TEXT | LVIF_IMAGE | LVIF_STATE;
            lvi.iItem = i;
            lvi.iSubItem = 0;
            lvi.pszText = item[i].name;
            lvi.iImage = i %2;
            lvi.stateMask = LVIS_STATEIMAGEMASK;
            lvi.state = INDEXTOSTATEIMAGEMASK(i %5);
            if ((index = m_xcList.InsertItem(&lvi)) == -1) err = 1;
        }
        // 単価
        if (!err)
        {
            str.Format(_T("%d"), item[i].price);
            lvi.mask = LVIF_TEXT;
            lvi.iItem = index;
            lvi.iSubItem = 1;
            lvi.pszText = const_cast(static_cast(str));
            if (!m_xcList.SetItem(&lvi)) err = 1;
        }
        if (err) break;
    }
    
    return err;
}

 アイテムを追加する際に、LVITEM.maskメンバにLVIF_STATEを追加します。これでLVITEM.stateメンバが有効とみなされます。stateメンバは少し複雑で、状態イメージ以外にもいろいろな状態をセットできるようになっています。これらはビットごとに分かれています。状態イメージはビット12〜15を使います。4ビットあるので、イメージなしを含めて16種類まで状態イメージを使うことができるということになります。

 stateメンバに状態イメージのインデックスをセットするときは、INDEXTOSTATEIMAGEMASKマクロを使うと便利です。このマクロの中身は、

#define INDEXTOSTATEIMAGEMASK(i) ((i) << 12)

となっていて、12ビットシフトしているだけです。インデックスは0を指定すると状態イメージは表示されません。1を指定すると最初の状態イメージ(ビットマップの左端のイメージ)が表示されます。

 次はLVITEM.stateMaskメンバをセットします。これはstateメンバのどのビットが有効なのかを指定します。状態イメージはビット12〜15なので、0xF000をセットします。

#define LVIS_STATEIMAGEMASK 0xF000

という定義が用意されているので、これを使うとよいでしょう。

 では、ビルドして実行してみましょう。リストアイテムの左側に状態イメージが表示されました。