MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

スライダコントロールの基本1

 今回はスライダコントロールの使い方を解説していきます。スライダコントロールは、つまみをドラッグして操作するコントロールです。水平方向と垂直方向のどちらで作ることもできます。

 今回もダイアログベースでプロジェクトを作成します。サンプルとして次のようなダイアログを作ります。水平方向のスライダ2つと、垂直方向のスライダ1つを追加します。各スライダにはそれぞれ値の表示用のエディットボックスも追加します。

 スライダのプロパティですが、IDを設定したら後は基本的にデフォルトでOKです。垂直方向にする場合は「Orientation」を「垂直方向」にします。

 スライダコントロールの操作は、CSliderCtrlクラスの関数を使って行うので、Control型のDDX変数を追加すると楽になります。

 クラスビューからダイアログクラスを右クリックし、「追加」→「変数の追加」を選択します。

 「アクセス」はprivate、「変数の種類」にCSliderCtrlを入力します。メンバ変数となるのでm_で始まる変数名にするとよいでしょう。

 また、スライダの値はvalue型のDDX変数を使うと簡単に操作できます。同様にvalue型の変数も追加しましょう。さらに、値表示用のエディットボックスにもvalue型のDDX変数を追加します。

 さて、今回はスライダが3つあります。同じ処理を1つ1つのコントロールについて書いていくのは非効率なので、DDX変数は配列にしてしまいましょう。(この方法についての詳しい説明は「DDX変数を配列にする」を見てください。)

 ダイアログクラスのメンバに、次のようにDDX変数を記述します。

private:
    CSliderCtrl  m_xcSlider[3]; // スライダ(Control)
    int          m_xvSlider[3]; // スライダ(Value)
    CString      m_xvEdit[3];   // エディットボックス(Value)

 DoDataExchange()関数は次のようになります。

void CSliderDlg::DoDataExchange(CDataExchange* pDX)
{
    CDialog::DoDataExchange(pDX);
    DDX_Slider(pDX, IDC_SLIDER1, m_xvSlider[0]);
    DDX_Slider(pDX, IDC_SLIDER2, m_xvSlider[1]);
    DDX_Slider(pDX, IDC_SLIDER3, m_xvSlider[2]);
    DDX_Control(pDX, IDC_SLIDER1, m_xcSlider[0]);
    DDX_Control(pDX, IDC_SLIDER2, m_xcSlider[1]);
    DDX_Control(pDX, IDC_SLIDER3, m_xcSlider[2]);
    DDX_Text(pDX, IDC_EDIT_SV1, m_xvEdit[0]);
    DDX_Text(pDX, IDC_EDIT_SV2, m_xvEdit[1]);
    DDX_Text(pDX, IDC_EDIT_SV3, m_xvEdit[2]);
}

 では、コードのほうを実装していきましょう。まずは、初期化処理です。OnInitDialog()で次のように処理します。

BOOL CSliderDlg::OnInitDialog()
{
    CDialog::OnInitDialog();

    SetIcon(m_hIcon, TRUE);         // 大きいアイコンの設定
    SetIcon(m_hIcon, FALSE);        // 小さいアイコンの設定
    
    // TODO: 初期化をここに追加します。
    m_xcSlider[0].SetRange(0, 100);
    m_xvSlider[0] = 65;
    m_xvEdit[0].Format(_T("%d"), m_xvSlider[0]);

    m_xcSlider[1].SetRange(-1000, 1000);
    m_xvSlider[1] = 10;
    m_xvEdit[1].Format(_T("%d"), m_xvSlider[1]);

    m_xcSlider[2].SetRange(0, 1000);
    m_xvSlider[2] = 100;
    m_xvEdit[2].Format(_T("%d"), m_xvSlider[2]);

    UpdateData(FALSE);
    
    return TRUE;
}

  まずは、スライダの値の最小値、最大値を設定します。これには、CSliderCtrl::SetRange()関数を使います。

void CSliderCtrl::SetRange(int nMin, int nMax, BOOL bRedraw = FALSE);
説明: スライダの値の最小値、最大値を設定
引数: nMin:最小値
nMax:最大値
bRedraw:再描画する場合TRUE
戻り値: なし

 次は現在の値をセットし、UpdateData(FALSE)関数で表示を更新します。値の設定はCSliderCtrl::SetPos()関数を使ってもできますが、今回はDDX変数を使っているので、この関数は使いません。

 ということで今回はここで一区切りにします。次回はスライダの操作部分を実装していきます。