MFC編 目次

 MFC全般

 

・MFCの開発環境をそろえよう
・MFCをスタティックリンクしたときに出るエラー
・関数追加時に出るエラー
・Windows XPスタイルの外観にする

 文字列操作

 

・CStringの基本1 文字列の連結と追加
・ATL/MFC共有版のCStringについて
・CStringと三項演算子の問題

 DDX/DDV

 

・DDXの基本1
・DDXの基本2
・DDX変数に複数コントロールを割り当てる
・DDX変数を配列にする

 ダイアログ

 

・ダイアログの色変更

 ボタン

 

・ボタンの基本

 チェックボックス

 

・チェックボックスの基本
・プッシュボタンのようなチェックボックス
・チェックボックスの色変更

 エディットボックス

 

・エディットボックスの基本
・エディットボックスの色変更

 コンボボックス

 

・コンボボックスの基本
・コンボボックスに初期データを入れる
・コンボボックスの色変更
・拡張コンボボックス

 リストボックス

 

・リストボックスの基本
・リストボックスの色変更
・チェックリストボックスを作る

 ラジオボタン

 

・ラジオボタンの基本
・ラジオボタンの色変更

 スタティックテキスト

 

・スタティックテキストの内容を動的に変更する
・スタティックテキストに複数行入力する
・スタティックテキストの文字色変更

 リストコントロール

 

・リストコントロールの基本1
・リストコントロールの基本2
・リストコントロールの一行全体を選択する
・リストコントロールを単一行選択にする
・フォーカスが移ったときも選択状態を維持する
・アイテムにユーザデータを付加する
・アイテムにアイコンをつける
・アイテムに状態イメージをつける
・ヘッダ項目にアイコンをつける

 ツリーコントロール

 

・ツリーコントロールの基本

 タブコントロール

 

・タブコントロールの基本1
・タブコントロールの基本2
・タブコントロールをXPスタイルにする

 スライダコントロール

 

・スライダコントロールの基本1
・スライダコントロールの基本2

 スピンコントロール

 

・スピンコントロールの基本

 プログレスバー

 

・プログレスバーの基本

 日時指定コントロール

 

・日時指定コントロールの基本

 月間予定表コントロール

 

・月間予定表コントロールの基本
・月間予定表のプロパティと色変更

 IPアドレスコントロール

 

・IPアドレスコントロールの基本
・IPアドレスコントロールの操作

 ピクチャーコントロール

 

・ピクチャーコントロールの基本

 アニメーションコントロール

 

・アニメーションコントロールの基本

 時刻管理

 

・CTimeとCTimeSpan
・CTimeの引数について

 メニュー

 

・ダイアログにメニューをつける
・ダイアログにポップアップメニューをつける

 ステータスバー

 

・ダイアログにステータスバーをつける
・ステータスバーに文字列を表示する

 プロパティシート

 

・プロパティシートの基本1
・プロパティシートの基本2

 コモンダイアログ

 

・ファイル選択ダイアログ
・フォント選択ダイアログ
・色選択ダイアログ

 ファイル入出力

 

・ファイル入出力の基本
・テキストファイルの入出力
・ファイルの検索、列挙1
・ファイルの検索、列挙2

 ネットワーク

 

・MFCソケット通信の基本 (クライアント編)
・MFCソケット通信の基本 (サーバ編)
・MFC非同期ソケット (クライアント編1)
・MFC非同期ソケット (クライアント編2)
・MFC非同期ソケット(サーバ編1)
・MFC非同期ソケット(サーバ編2)

 デバイスコンテキスト

 

・デバイスコンテキストの基本
・文字列の描画
・ペンを使った描画
・ブラシを使った描画1
・ブラシを使った描画2

 FTPクライアント

 

・FTPクライアントを作る1
・FTPクライアントを作る2
・FTPクライアントを作る3
・FTPクライアントを作る4
・FTPクライアントを作る5

 ドキュメント・ビュー

 

・ドキュメント・ビューの基本
・エディットビューの基本
・リストビューの基本
・ツリービューの基本
・フォームビューの基本

 ダイアログバー

 

・ダイアログバーの基本
・ダイアログにダイアログバーをつける

 

 

トップページへ戻る

スライダコントロールの基本2

 前回の続きでスライダコントロールの操作部分です。

 スライダを操作したときに、現在の値とエディットボックスを更新する処理を追加しましょう。スライダを操作すると、水平スライダの場合、親ダイアログクラスのCWnd::OnHScroll()関数、垂直スライダの場合CWnd::OnVScroll()関数が呼び出されます。

 では、この関数をオーバーライドします。ダイアログクラスのプロパティからメッセージアイコンをクリックし、WM_HSCROLLを選択し、CWnd::OnHScroll()関数をオーバーライドします。同様にWM_VSCROLLを選択し、CWnd::OnVScroll()関数をオーバーライドします。

 関数の内容は次のようにしました。実は水平も垂直も処理は全く同じなので、それぞれ自作のOnScroll()関数を呼び出しています。水平と垂直で別々の処理にしたい場合は、OnHScroll()、OnVScroll()関数に直接記述したほうがよいでしょう。

// 水平スライダ
void CSliderDlg::OnHScroll(UINT nSBCode, UINT nPos, CScrollBar* pScrollBar)
{
    OnScroll(nSBCode, nPos, pScrollBar);
    CDialog::OnHScroll(nSBCode, nPos, pScrollBar);
}

// 垂直スライダ
void CSliderDlg::OnVScroll(UINT nSBCode, UINT nPos, CScrollBar* pScrollBar)
{
    OnScroll(nSBCode, nPos, pScrollBar);
    CDialog::OnVScroll(nSBCode, nPos, pScrollBar);
}

 OnScroll()関数の方に本体を記述します。

// スライダ操作
void CSliderDlg::OnScroll(UINT nSBCode, UINT nPos, CScrollBar* pScrollBar)
{
    int        index = -1;
    int        pageSize;
    int        min, max;
    int        err = 0;
    
    // スライダ特定
    if (*pScrollBar == m_xcSlider[0]) index = 0;
    if (*pScrollBar == m_xcSlider[1]) index = 1;
    if (*pScrollBar == m_xcSlider[2]) index = 2;
    if (index == -1) err = 1;
    
    if (!err)
    {
        switch (nSBCode)
        {
        // つまみをドラッグ
        case SB_THUMBPOSITION:
        case SB_THUMBTRACK:
            m_xvSlider[index] = nPos;
            break;
        // つまみ左側、上側をクリック
        case SB_PAGELEFT:
        //case SB_PAGEUP:
            pageSize = m_xcSlider[index].GetPageSize();
            m_xcSlider[index].GetRange(min, max);
            
            m_xvSlider[index] = (m_xvSlider[index] -pageSize > min) 
                ? m_xvSlider[index] -pageSize : min;
            break;
        // つまみ右側、下側をクリック
        case SB_PAGERIGHT:
        //case SB_PAGEDOWN:
            pageSize = m_xcSlider[index].GetPageSize();
            m_xcSlider[index].GetRange(min, max);
            
            m_xvSlider[index] = (m_xvSlider[index] +pageSize < max) 
                ? m_xvSlider[index] +pageSize : max;
            break;
        default:
            break;
        }
        // エディットボックス更新
        m_xvEdit[index].Format(_T("%d"), m_xvSlider[index]);
        UpdateData(FALSE);
    }
    return;
}

 まずは、どのスライダが操作されたのかを特定しないといけません。OnHScroll()、OnVScroll()の第3引数はコントロールのポインタが渡されます。これを見れば、どのスライダが操作されて関数が呼ばれたのかがわかります。

 渡されるデータ型がCSliderCtrl *ではなくCScrollBar *なのは、この関数はスクロールバーでも使われるからです。しかし、スライダの場合はCScrollBar *型にキャストされているだけなので、CSliderCtrl *型として扱って問題ありません。

 (*pScrollBar == m_xcSlider[0])で、CScrollBar型とCSliderCtrl型を比較していますが、これはCWnd::operator==(const CWnd& wnd)を呼び出しています。両方ともCWndの派生クラスなので、==演算子で同じインスタンスなのかどうかを判定できるのです。

 スライダのつまみをドラッグした場合、第一引数のnSBCodeにSB_THUMBPOSITIONまたはSB_THUMBTRACKが渡されます。この場合、第二引数のnPosに現在の値が入っています。

 また、スライダのつまみでない部分をクリックした場合、ある幅の分だけつまみが動きます。この幅をページサイズと呼びます。この場合、nSBCodeにSB_PAGELEFTなどが入ってきます。ページサイズの分だけ現在の値が動くので、どれぐらい動いたのかを自分で計算します。

 CSliderCtrl::GetPageSize()関数で、ページサイズが取得できます。また、CSliderCtrl::GetRange()関数で、最小値、最大値が取得できます。

int CSliderCtrl::GetPageSize( ) const;
説明: スライダのページサイズを取得
引数: なし
戻り値: スライダのページサイズ

void CSliderCtrl::GetRange(int& nMin, int& nMax) const;
説明: スライダの最小値、最大値を取得
引数: nMin:最大値を受け取る変数への参照
nMax:最小値を受け取る変数への参照
戻り値: なし

 通常はページサイズを足し引きすればいいのですが、最大値、最小値を超えないようにしないといけません。

 最後にエディットボックスの値も更新し、UpdateData(FALSE)関数で表示を更新します。

 では、ビルドして実行してみましょう。スライダのつまみをドラッグすると、現在の値が更新されます。また、つまみ以外の部分をクリックすると、つまみが移動し、現在の値が更新されます。