Windows

 

・PV3TimerTool
・PV3Quantizer
・DivXBtRegister
・IrfanBtConverter

 PalmOS

 

・ShadowLauncher!
・GsImageView!
・JpegShow!


トップページへ戻る

 GsImageView! V1.01

 

SONY CLIEシリーズ用のJPEG、BMP、PNG画像ビューアです。

ダウンロード(V1.01 Japanese)

ダウンロード(V1.01 English)

対応機種:

PalmOS 5搭載CLIE(全機種)、PalmOS 4搭載CLIE(PEG-NR70/70V、PEG-T650C、PEG-SJ33のみ)


1.メイン画面:
 
 1−1.表示モードの切り替え

Jog Up、Downにより、「カーソル」が移動します。Jog Pushまたはサムネイルをタップすると、 選択している画像が拡大表示されます。
「表示切替」アイコンをタップすると、サムネイル一覧→サムネイルとファイル名→ファイル名一覧の順に表示が切り替わります。

サムネイルとファイル名表示
ファイル名一覧表示

ファイル名一覧表示の時はサムネイルの読み込みを行いません。サムネイルを取得しなくてもよいときは、このモードにしておくとよいでしょう。

 1−2.スロットの切り替え

「スロット切り替え」をタップすることにより、表示するスロットを切り替えることができます。NX73V、NX80VのCFメモリー、UX50の内蔵メディアにも対応しています。

 1−3.画像情報の表示

「画像情報表示」をタップすることにより、選択している画像の情報を表示します。Jog Up、Downにより、連続表示をすることもできます。

 1−4.画像の削除

メニューより「データ」→「削除」を選択すると、画像削除モードになります。削除したい画像をタップし、「削除」ボタンをタップすると、選択された画像が削除されます。

「削除」:選択された画像を削除します。
「キャンセル」:通常画面に戻ります。
「全て選択」:画像を全て選択します。
「選択反転」:選択されている画像を選択解除、選択されていない画像をすべて選択します。

 1−5.環境設定

メニューより「オプション」→「設定」を選択すると、設定画面が開きます。

「デフォルトで最大サイズで表示する」:チェックすると、画像の読み込み時に、画像の元の解像度と同じ大きさで読み込みます。チェックを外すと画面の大きさに合わせて自動的に縮小して読み込みます。ただし、メモリサイズにより、読み込める大きさには制限があります。

 1−6.検索フォルダの設定

メニューより「オプション」→「検索フォルダの設定」を選択すると、検索フォルダの設定画面が開きます。

GsImageView!の起動時に、この画面で設定したフォルダとサブフォルダにあるファイルが検索されます。サブフォルダは最大4階層まで検索します。
フォルダは「MS」「CF」などのスロットごとに設定できます。

デフォルトのフォルダは「/DCIM」になっています。デジタルカメラなどで撮影したDCF形式のJPEGファイルはこのフォルダの下に保存されるので、デフォルトのままで使用することをお勧めします。

 1−7.ファイルのソート

GsImageView!では、起動時にファイル名で並び替えを行います。「ファイル名ソート」をタップすると、表示順序を昇順、降順で切り替えることができます。

▲:昇順
▼:降順

1−8.カーソルの移動とページスクロール

Backボタンを押すとカーソルが消え、ページスクロールモードになります。ページスクロールモードではJog Up、Downにより1ページごとにスクロールします。Jog Pushにより再びカーソルが表示されます。
また、上下ボタン、左右ボタンのある機種では、上下ボタン、左右ボタンでページスクロールすることもできます。

 

2.拡大表示画面:

 2−1.画像のドラッグ

「拡大画像」をドラッグすると、画面からはみ出している部分を表示することができます。また、「サムネイルカーソル」をドラッグすることにより、画像全体から表示したい部分をすばやく表示することができます。

 2−2.拡大、縮小、回転表示

「拡大」アイコンをタップすると、画像を拡大表示します。「縮小」アイコンをタップすると、画像を縮小表示します。
(注:搭載メモリ量の少ない機種では拡大、縮小できないことがあります。)
「拡大」アイコンをさらにタップすると、画像の元の解像度の1.5倍、2倍まで拡大表示できます。
「回転」アイコンをタップするごとに、画像を270度、180度、90度に回転表示します。

拡大表示
縮小表示
回転表示

 2−3.アイコン、サムネイルを隠す

「サムネイルを隠す」アイコンをタップすると、アイコン、サムネイル表示を隠すことができます。もう一度タップすると再び表示されます。

 2−4.Jog UP、Downによる連続表示

Jog Up、Downにより、前の画像、次の画像を連続表示することができます。

「メイン画面に戻る」アイコンをタップ、またはBackボタンを押すとメイン画面に戻ります。

 

3.スライドショー:

 3−1.スライドショーの設定

メニューより「データ」→「スライドショー」を選択すると、スライドショーの設定画面が開きます。

「画像表示時間」:
1枚の画像を表示する秒数を設定します。ただし、読み込みに時間のかかる画像を表示する場合は、ここで設定した時間よりも長くなることがあります。

「エフェクト」:
画像を表示する際のエフェクトを設定します。以下の中から選択できます。
・なし:
・ブロック:
・スプレッド:

 3−2.スライドショーの実行

スライドショーの設定画面で「OK」をタップすると、スライドショーが実行されます。

スライドショーを終了するには、画面のどこかをタップするか、BackボタンやJogダイヤルを操作します。(画像の読み込み中は操作を受け付けないことがありますが、その場合は何度か画面をタップしてください。)

スライドショーで表示される画像の回転方向や、自動縮小表示をするかどうかは、現在の設定で決まります。自動縮小して表示させる場合は、設定画面で「デフォルトで最大サイズで表示する」のチェックを外してください。

スライドショーは、現在選択されている画像から順に表示されます。特定の画像からスライドショーを開始したい場合は、メイン画面でカーソルを移動し、その画像を選択しておいてください。